保育士の資格って仕事に活かせるもの?

資格を取るには



資格を取るには

保育士の資格を習得するための方法は主に2つ存在しています。一つは保育士を養成している学校を卒業することです。大学や短大、専門学校などがあります。もう一つは保育士試験を受験して合格することです。そうすれば保育士の資格を習得することができます。 保育士の養成学校では保育士の資格と同時に他の資格も取得することができます。また、保育士養成以外の学校に通っている方でも受験資格を満たしているならば国家試験を受験して合格すれば保育士になることはできます。必ずしも保育士の養成課程に進む必要はないのです。そのため社会人から保育士を目指すというケースもあります。

保育士の試験には筆記試験と実技試験があります。筆記試験ではすべての科目に合格しなければ実技試験を受けることができません。実技試験も合格することができたならば、保育士になれます。

保育士試験は合格率が20%を切ることもありなかなか難易度の高い試験となっています。保育士の養成課程に進んでいない人のために試験が行われるため、しっかりと受験者の能力を判断しようとしているのです。国家試験は毎年実施されています。きちんと対策をしないと合格できないでしょう。保育士の資格を取れたならば、その資格を活かして仕事ができます。



トップページ資格を取るには就職先について保育士を活かせる企業リンク集サイトマップ

Copyrightc2017 保育士の資格って仕事に活かせるもの? All Rights Reserved.